この冬、気を付けること!

投稿日:2018年12月7日  /  江別文京台

こんにちわ!

雪が降って来て寒い中皆さまどうお過ごしでしょうか?

江別文京台の小山です

今日は皆さまが気を付けている『転倒』についての

お話しになります。

この時期になると外は冬道で滑りやすくなり

室内だと『わずかな段差』につまづき転倒が多くなっています

この『わずかな段差』につまづく原因は

高齢になると足首の曲げる機能が衰えて『わずかな段差』につまづきやすくなってしまいます。

なので『お尻』、『足』、『足首』を鍛えたり

上半身を支える『腹筋』、『背筋』を鍛えるのも

『転倒しにくい良い姿勢』にする為にも大事になってきます。

そして転倒した際に怖いのが『骨折』ですね

高齢者で多い骨折が『上腕部骨折』、『橈骨骨折(手首)』

『肋骨骨折』、『脊椎圧迫骨折』、『大腿骨骨折』の5か所になります

転倒して骨折をしない為にも、ラボではこんな運動を行ない

DSCF1260

転倒しない身体づくりをしています。

皆様もこの冬は転倒に十分に気を付けて生活していきましょう!

This entry was posted in 江別文京台. Bookmark the permalink.