ウィークリー山の手 ~-12℃~

投稿日:2019年2月8日  /  山の手

お寒うございます。カラダラボ山の手 古岡です!

北海道には観測史上最も強い寒気が入り込み、北海道各地で-10℃以下の気温が観測されています。カラダラボ山の手がある札幌市西区でも日中の気温が-12℃と寒い一日となりました。まだまだ寒さは続きますので、皆様ご自愛ください。また、寒暖差の激しい変化によって血圧の上下や失神、不整脈などの健康被害が起きる「ヒートショック」にも注意が必要です。特に入浴の際は体表面の温度が急激に下がるため、脱衣所や浴室を温めるなどの対策が必要です。カラダラボ山の手のご利用者様にも注意の呼びかけを実施しています。

 

CIMG7644

カラダラボ山の手では、暖かい室内で無理のない運動に取り組んでいただいています。寒い外から来所後は、少し温まってからバイタル測定を実施し、どのご利用者様も少しずつカラダを動かしていくよう取り組んでいます。

 

CIMG7643

今週のワンポイント体操はボール体操。柔らかめのボールは掴んだり潰したり挟んだりと、様々な運動が出来ます。手首を動かす事により、タオルが絞りやすくなったりします。

 

CIMG7647

では、その絞ったタオルを使って実験です。

 

CIMG7650

ご利用者様の熱いリクエストに応え、「寒いところで濡れタオルを振りまわすと本当に凍るのか?」を玄関の外でひとり厳寒の中検証しました。

 

CIMG7649

じゃーん!数回まわしたところ、ご覧のようにパリパリに凍りました。ご利用者様からは「冷たくて気持ちいい」と足岩盤浴に入りながら喜んでくださいました。

 

CIMG7641

暦の上では節分が過ぎ立春を迎えました。北海道の春はまだまだ先ですが、雪解けの頃お散歩できることが楽しみですね。カラダラボ山の手も春の準備を始めました。冬はどうしてもカラダを動かす事も億劫になりがちですが、暖かい施設内で春に向けてカラダの準備を一緒にしませんか?カラダラボ山の手では、ご利用者様一人ひとりの目標達成のためのお手伝いをさせていただいています。随時見学受付中です!皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしています!

 

おしらせ

札幌市認知症カフェ認証

みんなのとまり木

kaigo cafe 「おっぽ」

ninchisho-cafe

株式会社OPPOが開催する認知症カフェが「kaigo cafe おっぽ」として毎月第3土曜日にオープンすることになりました!認知症の方に限定せず、介護を提供する人・受ける人・若い人や親子連れも集えるスペースを作ることが、認知症の方を支える優しい街づくりへの一歩になると思っています。コーヒーを飲みにお気軽にお立ち寄りください♪

 

日 時:毎月第3土曜日 午前10時~午後3時

場 所:カラダラボ山の手

西区山の手1条6丁目5-15 エルム山の手1F(山の手通り沿い・ホーマック向かい・ツルハ隣り)

対 象:予約不要。どなた様もお気軽にお越しください。

 

問い合わせ:山の手 011-676-8161(平日9時~5時まで)

 

 

This entry was posted in 山の手. Bookmark the permalink.